専門学校 北海道自動車整備大学校

学校概要

Message

整備業界をリードする
人材の育成をめざしています。
近年、車は私たちの生活に溶け込み、日々の足としてまた経済活動を支える輸送手段として欠くことのできない存在となりました。一方、環境汚染やエネルギー問題など、負の側面の対策も必要不可欠となっています。
このような社会的背景から自動車関連業界はますます進化を遂げていき、より高いスキルの整備士の育成が社会より期待され、幅広い知識を持った人材が強く求められています。
特に一級自動車整備士の養成においては、最先端機能搭載車の故障診断技術や環境保全などの知識を修得したエンジニアリーダーが求められています。
本校は、信頼されるサービスエンジニアをめざし 腕を磨き 己を鍛えよという校訓を基礎とし、有為な人材を育成するため、専門分野における知識と技術はもちろんのこと、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力など、より実践的なカリキュラムを構成しています。時には人の命に関わる職業であることを強く認識し、安心・安全な仕事を通じて、これからも優秀な人材を社会へ輩出しつづけ、卒業生が社会の発展に寄与し活躍してくれることを願っています。クルマに興味のある皆さん、北海道自動車整備大学校で将来の夢を実現してみませんか。
校長 吉田 孝弘
写真

School vision

校訓
信頼される
サービスエンジニアをめざし
腕を磨き 己を鍛えよ
教育方針
自動車社会、整備業界をリードする人材の育成を目指しています。
「学科1:実習2」の実習中心カリキュラム。
自動車業界への就職決定率100%(就職希望者)道内の専門学校で最初に設置された、
4年制の「一級自動車整備学科」で自動車整備士最高位の国家資格取得を目指します。
情報公開

教員紹介

第一線で培った経験豊富な教師陣